若手治療家の悩みをバッサリ斬る!!《ハイライト版》

これから生き残るのは”柔軟な考え方ができる”治療家のみとなります。

写真

Ken Yamamotoです。

整体、カイロプラクティック、鍼灸指圧、整骨の学校を卒業し、その後意気揚々と患者様に対して習ってきたコトを試すコトになりますが、でも学校で習った事は何も使えません。

学校で習ったテクニックは基本に過ぎず社会に出て患者様に試すと、ことごとく黒星が続いてしまいます。あなたもそんな経験をしたことありかと思います。

どうして治せないのか?どれもこれも多種多様性な症状であり、学校で習った基本では歯がたたない複雑に入り組んだ迷路のようであり、まるで1つのピースとも繋がっていない封を開けたばかりのジグソーパズルのようです。

あなたはそんな事を経験し、そしてそれらを乗り越えてきたかもしれません。

では、学校で習った事が無駄だったか? 決してそんな事はありません。 経絡、モーターポイント、矯正に固定、どれも理論がありその時、納得して学んだものばかりだったはずです。

これから生き残るのは柔軟な考え方ができる治療家のみとなります。やったけどダメだったというのは数学的です。 この方程式に放り込んだけど結果は違った、つまりこの公式は間違っています。

数学ではこうなるが、一般臨床は多くの場合異なるのです。なぜなら患者様が求めている解答だって多種多様だからです。

実際に若手治療家を集め
討論会を行うことにしました。

キャプチャー

この度、そんな悩みを聞いた私は、Dr.ウエムラ・原口准教授を招集し、また実際に若手治療家を集め討論会を行うことにしました。若手といっても既に7年以上経験がある治療家も質問者側に立ち、鋭い質問を浴びせてきました。

高齢者が多い施設で働いている先生も整形外科での修行を経験した先生も開業前の先生も参加しました。彼らは学校を卒業して2?7年とのことでしたが、既に臨床経験もしてきている方もいました。

1問1答ではなく、誰か1人が答える形ではなく、今回は私の考え方、Dr.ウエムラの考え方、そして原口准教授の考え方を各々が答えています。私自身も参加していてとてもタメになりました。

原口准教授の股関節の研究の歴史の深さを感じたし、Dr.ウエムラの矯正しなくてもカラダは良くなるというヒントは得るものが大きいに違いありません。

また、栄養学は我々臨床家は弱いところでもあることがよく分かりました。

例えば筋トレしても筋肉が痩せていく現象があることに対して。また筋肉のカタさの原因についてなども、栄養学からのアプローチで解決できる範囲もあることを知ることになりました。

誰でも成長する過程で結果を出せないストレスと戦わなければなりません。今回のDr.ウエムラであっても原口准教授であってもそして、私自身も挫折し立ち直るコトを何度も繰り返してきました。そして何故治らなかったのかを逃げずに考えてきました。

今があるわけで、決して始めから上手く行ったわけではありません。 でも今ならば多くの質問に答えられます。それは通り過ぎてきた道だからです。そんな事を今回DVDに収録しています。

治療家には見てもらいたい内容に仕上がったのでぜひご覧ください。

世界を股にかける腰痛治療家

Ken Yamamoto
Ken Yamamoto

Ken Yamamotoプロフィール

『腰痛を世界からなくしたい』

この想いから解剖学、運動学に基づいた Ken Yamanotoオリジナル施術法を確立。柔道整復師、准看護師二つの国家資格も併せ持つ。

現在、東京に3ヶ所の治療院と13ヶ所の機能訓練に特化したデイサービス(介護施設)を運営。1年のほとんどを海外で過ごし、Ken Yamamotoテクニックは20カ国以上で使用されている。

解剖学、運動学からも考えられた治療法に日本医療最高峰のドクター達から 喝采を浴びる。

世界中の著名なプロスポーツ選手、有名人、要人からの依頼も多い。

パッケージ DVD はこちらから今すぐお申込み下さい。各々の専門家が治療家の多くの悩みに答えています。 価格 4,980円

収録時間 : 146分 DVD2枚組

臨床で毎日行っていること、検査、鑑別、基本を普段中々聞けないと思います。

写真

こんにちは。DR.ウエムラです。

今回の収録は世界を股にかける腰痛治療家Ken Yamamoto先生、帝京平成大学准教授原口先生、同大学管理栄養士野口先生と私ウエムラが柔道整復師、鍼灸師として勤務している先生方からの質問に答える形式で始まりました。

皆さんのそれぞれの得意としている分野、臨床で毎日行っていること、検査、鑑別、基本を普段中々聞けないと思います。参加された若手先生は柔道整復師、鍼灸師の学校を卒業されて治療されている方々でしたが、その学校によって基本は同じですが勤務先で教えられた事がちょっとずつ違う所もあるかと思います。

原口先生は毎日大学で教鞭をとられていますので、とても分かり易く検査法も応えて説明して頂き普段の授業、臨床で行っているところも見ることができ、私自身とても勉強になることが多かったです。

今回、栄養学専門家の野口先生もご参加されました。栄養学も必要なのか?と思う方も多くいらっしゃると思いますがとても重要だと思います。

いくら良い治療、良い運動をしても食事の摂り方、ダイエットの仕方を間違えていては良い結果に繋がらない患者さんが多くいます。ですから基礎知識としてアドバイスをするのに知っておく事は重要です。

野口先生は博士(栄養学)であり、大学でも教鞭をとられていますのでその知識だけでなく、とても分かりやすく伝えて教えて頂けましたので、私自信も大変勉強になり納得することができました。

それぞれの専門家のアプローチの仕方は違えど
治療家のゴールは同じだと思います。

キャプチャー

栄養学と話には聞きますがここまで詳しく、そして分かりやすく教えて頂ける先生は少ないと思います。

教科書に載ってることだけでなく日常で大切な栄養素に関しての質問に対しても解答頂いています。

質問に答える側にいたのですが今後に役立つ内容ばかり聞けてとてもラッキーでした。

私はカイロプラクティックが専門なのですが、今回の収録で取りあげた特に腰から下の下半身の症状に対して検査、鑑別、に関しては、それ程他の先生方と相違はなかったです。

それは当然の事ですね。それだけ検査・鑑別で、筋肉が悪いのか? 関節部分が悪いのか?またはそれ以外が悪いのか? それらは毎日の臨床で施術をする前にとても重要です。

柔整師、鍼灸師、按摩マッサージの先生は国家資格があるので日本国内においては接骨院、整骨院、病院で勤務されている方がほとんどだと思いますが、その先生方の中でもカイロプラクティックを治療に取り入れてますという方は多いかと思います。そのカイロプラクティックの治療が間違って勉強されて習っていたり、教えられている方も多いことに驚いています。

今回の柔道整復師の先生からもアジャストで腰を左右両方動かすのですか?という質問もありました。教えられたカイロ専門の先生が悪いと思いますが、それを臨床に使われては患者さんが良くなるどころか悪化する可能性もあります。
その考え方が分からないというより、基本を知らない先生方がカイロプラクティックを手技として取り入れて施術して悪くなってる患者さんが多いのです。そういう患者さんが私の所に多く来ます。

問診時に聞くとそれはカイロプラクティックのアジャストでは無いことをされている方が多いのでこれも私が大変驚くことです。本当に良いカイロプラクティックのアジャストは痛くないですし、捩じったり、捻ったりして施術することは、まずありません。

これは日本の整体師、カイロプラクターにも当てはまることで、カイロプラクティックを受けて怪我をしたのでウエムラ先生の所でみて下さいという質問メールが毎週とても多いので私はとても心が痛いところです。

施術、アジャストメントに関してもそれぞれの専門家のアプローチの仕方は違えど治療家のゴールは同じだと思います。

いつも私が言うことですが患者さんが安心して、安全に施術を受けられるように施術家は考えなければいけないということです。また最初の検査、施術が痛かったら、悪い印象があれば、その患者さんはもう2回目は来ないと思って下さい。

Dr.Uemura
Dr.Uemura

Dr.ウエムラプロフィール

パーマーカイロプラクティック大学卒、
ドクターオブカイロプラクティック科博士過程卒業。
その後、日本でウエムラカイロプラクティックオフィスを開業する。

子どもからプロアスリート、サラリーマンから
ミュージシャンまで、スポーツ傷害や姿勢改善、
腰痛、頸椎痛、肩関節周囲炎など、さまざまな症状に結果を残す。

個人の弱点を克服し、同時にメンタル意識のアドバイスをすることによって、心身両面から快方へ向かうよう努めている。

パッケージ DVD はこちらから今すぐお申込み下さい。各々の専門家が治療家の多くの悩みに答えています。 価格 4,980円

収録時間 : 146分 DVD2枚組

治療家における進歩は、先ず悩むこと、考えることだと思っています。

写真

こんにちは、原口力也です。

施術家の目的は良くしたい。ただその痛みや障害を良くしたいに尽きると思います。その為に資格を取ったり勉強したりしてきたでしょう。

私も日々の忙しい中で多くの患者さんと接し臨床経験を積んできました。
しかし、日々の忙しい臨床の中に埋もれることなく、学ぶ努力と楽しさを知ってほしいのです。

多くの知識と技術を学ぶことにより、施術の幅が広がり、より多くの症状やケガに対して対応できるのです。

今回のDVDは、若手治療家の先生との対談という形で、今までにないような内容になっています。

何を考え、何に興味を持ち、何を悩んでいるのか?

治療家における進歩は、先ず悩むこと、考えることだと思っています。大いに悩んで欲しいのです。Ken先生、Dr.ウエムラ、原口、この3人のパネリストがそれらに適切に回答し、考え方や検査の方法をレクチャーしました。

若手治療家の今ある悩みや疑問を
解決するヒントと術がここにあります。

キャプチャー

DVDでは下肢を中心とした疾患に対しての見方や施術法について話をしています。

変形性膝関節症などの退行性変性疾患では、どのような施術をすればいいか分からない、、、その様な疾患に対して、しっかりと解剖学・生理学・運動学などの知識を基とした病態把握をすることで適切な治療に関すること。

あなたは股関節、腰椎、骨盤について、、、腰痛とは?と考えたことがありますか?

腰痛という症状を訴える疾患もいろいろありますが、的確に検査・評価ができていますか?

関節や骨軟骨の器質的変化によるものか、腰椎・骨盤・股関節をユニットとして考え、その機能的不全によるものなのかを理解して、原因の特定と施術にあたらなくてはなりません。
このような内容が収録されています。

施術するにあたり、なぜ?どうして?という疑問に遭遇することは多々あると思います。その時こそが飛躍するチャンスです!!それら疑問を解決して自分の知識と技術に落とし込んでください。
その繰り返しが成功のカギになるだと考えています。

その他、日々の検査での悩みや疑問に施術のみならず、解剖学、生理学、運動学的理解をもとに、評価の方法なども収録されています。

このDVDがさらなる学びのきっかけになることを願っています。

原口力也
原口力也

原口 力也プロフィール

帝京平成大学大学院 健康科学研究科
帝京平成大学ヒューマンケア学部柔道整復学科 准教授
帝京池袋接骨院 院長
原口整骨院 院長
公益財団法人 柔道整復研修試験財団 認定実技審査員
接骨院と整形外科病院で多くの臨床経験と診療実績。
大学と専門学校で教育・研究・臨床活動を行っている。

【所属学会】
日本柔道整復接骨医学会
日本医薬品登録販売者協会
日本人類学会
日本体力医学会
バイメカニズム学会
日本超音波骨軟骨組織学会

パッケージ DVD はこちらから今すぐお申込み下さい。各々の専門家が治療家の多くの悩みに答えています。 価格 4,980円

収録時間 : 146分 DVD2枚組

栄養学専門の先生も参加しています。

キャプチャー

今回の討論会には栄養学の先生にも参加していただいております。カルシウム不足が起こると何が起こるのか?

正しいカルシウムの摂取方法とは?栄養の基礎知識などお話しいただきました。

野口 律奈

野口 律奈プロフィール

博士(栄養学) ・管理栄養士

大学卒業後6年間のOL生活を経て、栄養士養成専門学校に学ぶ。
平成7年栄養士免許取得、平成9年管理栄養士登録。病院での治療食調理・食事相談業務を担当後、企業での社員食堂の運営、社員の健康教育に携わる。

平成22年に女子栄養大学大学院に入学し、平成22年栄養学修士、平成25年博士(栄養学)取得。現在、帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科講師。

研究テーマは、「うつ病の食事療法」「うつ病休職者向けリワークプログラムとしての調理実習の活用方法」「調理実習を活用した業務遂行能力の改善」など。

著書:

  • うつ病が治る最新治療(単行本)
  • うつの症状を飲んで食べて改善、元気いっぱいにする食事162 (脳に効く食事シリーズ)
  • 物忘れも認知症も食べて防ぎ、解消する食事とつまみ161 (脳に効く食事シリーズ)
  • アスペルガー・ADHD(発達障害)を飲んで食べて改善、落ち着きと集中力を取り戻す食事160
  • ずっと役立つおいしい高血圧レシピ300 組み合わせ自由自在 (全て主婦の友社)

参加者の声

「自分の技術力に甘んじていたり、
技術力がこれ以上上がらない方にはかなりお勧めです。」

柔道整復師:鈴木先生

「このDVDをきっかけに治療家方が栄養学に
興味を持ってもらえたらうれしいです。」

管理栄養士:野口律奈博士(栄養学)

「先生方がひとつひとつの質問に答えてくれて、
さらに視野が広がる治療が見れました。」

柔道整復師:大山先生

若手治療家の悩みをバッサリ斬る! 下肢腰椎編 DVD内容のご紹介

写真
若手治療家の悩みをバッサリ斬る!!『下肢腰椎編』 若手治療家 vs Ken Yamamoto・Dr.ウエムラ・原口准教授 feat 野口律奈博士(栄養学)

Disc 1:

  • 筋肉の仕組みとカルシウムについて
  • カルシウム不足が起こるとなにが起こるのか
  • 正しいカルシウムの摂取方法とは
  • 若手先生が疑問を抱えている患者様の施術方法
  • 膝の症状の分類
  • カイロプラクティックからみた膝の痛み /
    背骨を整えるとなぜ膝の痛みが消えることがあるのか
  • カイロプラクティックの誤解
  • 膝痛について
  • 正座ができない症状について
  • 膝の腫れとはなに?そしてその分類は?
  • 軟部組織の鑑別についてとその検査方法
  • スクリーニング方法
  • X脚・O脚について
  • 栄養学からみた肩コリについて

Disc 2:

  • 椎間板ヘルニアについて講師3人の考え方と鑑別
  • 下肢に対する痛みをみる前にチェックするべき検査
  • 神経圧迫の考え方のヒント
  • 座骨神経痛の分類
  • 高齢者の股関節は若年者層と何が違うのか?
    変形性股関節症からみた解説
  • ベッド上での施術で痛くないのに立つと痛いのはナゼ?
  • 上肢由来の腰痛について
  • 効き目と利き腕について
  • 変形性股関節症の実際の評価 /
    股関節と骨盤のコンビネーションについて
  • カイロドクターが教える矯正以外のアプローチについて
  • リハビリテーション栄養学とは
  • 筋トレしても筋肉が痩せていく現象がある
  • 食事の摂取方法のコツとツボ
  • 身体に対する栄養学的補足